東住吉区の整体|肩こり・腰痛・自律神経系の不調はいけだ筋整復所へ
東住吉区の卓球教室|子供から大人まで通う池田ピンポンクラブ

営業時間
平日 9:00~22:00
●完全予約制●
休 業 日
年中無休
06-6797-2761
〒546-0021 大阪府大阪市東住吉区照ヶ丘矢田1-8-8
近鉄南大阪線 矢田駅・徒歩3分
卓球、整体 、トーニング方法

2021/10/09

卓球ブログ

【動画】腰を入れて打つには正しい股関節の使い方|感覚をつかむ方法



股関節の正しい動き方


バックスイング・構え方などで
・腰を使う
・股関節を入れる
・右足に乗る(右利き)

など色々な表現で股関節を使う言葉があります。

今回の動画では「股関節を正しく使うには」の説明です。

目次
1・腰を使う?
2・股関節の動き方
3・動画の説明
4・動画
 「バックスイングで股関節に乗る」

1・腰を使う?どこを動かすのか。


「腰を使うって打つ」

どの筋肉が動く状態なのでしょうか。

まず、腰=ウエストラインって事?

ウエストを回すと上半身だけが動きます。


腰を使って全身運動を行うには
股関節の動きが関係します。


上半身が正しく股関節に乗れるとウエストから上半身を動かしても
体全体と連動して動きます。

まずは股関節を正しい位置で使うことが大切です。


2・股関節の動き方


股関節の条件として
「股関節外旋」

外旋とは(足全体を外回し状態)することで
骨盤が締まり上半身を支えることが出来ます。

反対に内旋は
出尻状態になり腰が引けてしまいます。

これでは体の軸が崩れています。

特に女性は股関節内旋の方が多いので注意しましょう。

女性は足のつま先が内
いわゆる、「内また」の方がいます。

内また・X脚の方は出尻(反り腰)になりやすいです。


矯正トレーニングがありますので参考にしてください。
「フォアドライブの重心移動は股関節のポジション」


3・動画の説明


簡単に股関節が入った感覚をつかむトレーニングです。


・ボールをバウンドさせてドライブ打法感覚で投げる





右足軸を作るには「体の全体の軸」も意識してください。



・体が傾かないように

下の写真は
左足が上がっているため体が右にずれている





・股関節が入っていない状態






・股関節が入った状態

上半身まっすぐ




・バックスイングの内ももの力の方向




4・動画




おすすめの記事