東住吉区の整体|肩こり・腰痛・自律神経系の不調はいけだ筋整復所へ
東住吉区の卓球教室|子供から大人まで通う池田ピンポンクラブ

営業時間
平日 9:00~22:00
●完全予約制●
休 業 日
年中無休
06-6797-2761
〒546-0021 大阪府大阪市東住吉区照ヶ丘矢田1-8-8
近鉄南大阪線 矢田駅・徒歩3分
卓球、整体 、トーニング方法

2021/05/20

自宅でできる健康法

いつまでも若さを保つためには筋肉量をアップさせましょう

大阪市東住吉区整体&卓球教室代表の池田です。


筋肉量を増やして若さを保ちましょう



自宅で過ごす時間が増えている中
筋肉を意識して生活を送っていますか。

なかなか、日常のルーティーンにすることは大変ですね。


でも年を重ねるにつれ、
意識して体を動かすようにしないと筋肉は衰えてしまいます。


また、ダイエットなどで体重が減るということは
同時に筋肉も減ってしまいます。
体重が減ったことは喜ばしいことばかりではありませんね。

加齢に伴う身体の変化


大きいのは筋肉量の低下です。
普段通りの生活をしていても筋肉は少しずつ落ちていきます。

また姿勢を維持するためにも筋肉は不可欠です。

特に腰から太ももの付け根についている腸腰筋が衰えてしまうと
足が上がらなくてつまずいたり背筋の伸びた姿勢が保てなくなります。

結果、
見た目から若々しさが消え年齢よりも老いてみえてしまいます。

筋肉量は基礎代謝量に大きく関わる


筋肉量が多いと基礎代謝が高くなり同じ運動量でもエネルギーをたくさん
消費します。よって、太りにくい体になってきます。

しかし筋肉は加齢とともに衰えます。
基礎代謝の低下を抑えるためには筋肉量を維持することです。

筋肉量を維持する方法


まずは運動習慣をつけることです。
運動によって体が温まるため内臓や筋肉などがより多くのエネルギーを必要とし、
基礎代謝量が増えることにつながります。

加齢による筋肉量の減少が運動による筋肉量の増加を上回ると基礎代謝が落ちます。

そのためには体を動かし筋肉を使うこと。

筋肉量を維持できるかどうかが分かれ目となります。

あなたの体幹年齢は何歳でしょうか


体幹の強さを測る指標としてバランス能力をチェックするテストがあります。

目を閉じた状態で片足を上げ何秒その姿勢を保つことができますか。


  • 70秒以上    20代
  • 55〜69秒   30代
  • 40〜54秒   40代
  • 20〜39秒   50代
  • 10〜19秒   60代
  • 5〜9秒        70代
  • 4秒未満      80代

目安ではありますが実年齢よりも短い時間しか保持できない場合は
筋肉量が低下したためバランス能力が落ちていると考えて良いと思います。

日常生活の中で体幹を鍛える方法


  • 台所仕事をしている時などスクワットやつま先立ちを行ってみる

  • できるだけ階段を使う

  • 座ってる姿勢も意識して骨盤を立てて座る

姿勢維持に欠かせない腸腰筋の鍛え方


単純に腿上げの動作を繰り返すことで鍛えることができます。

階段を登ることはとても良い運動です。
椅子に腰掛けている時でも意識して足を上げたり下ろしたりをしてみましょう。

以上
なかなかスポーツが苦手な方にはスポーツ筋肉量を補うことは
難しくなりますか日常生活の中でも筋肉量は保つことができます。

今やるかやらないかにより5年後10年後は変わってきます頑張って取り組んでみてください。


おすすめの記事