東住吉区の整体|肩こり・腰痛・自律神経系の不調はいけだ筋整復所へ
東住吉区の卓球教室|子供から大人まで通う池田ピンポンクラブ

営業時間
平日 9:00~22:00
●完全予約制●
休 業 日
年中無休
06-6797-2761
〒546-0021 大阪府大阪市東住吉区照ヶ丘矢田1-8-8
近鉄南大阪線 矢田駅・徒歩3分
卓球、整体 、トーニング方法

2021/07/24

いけだ筋整復所ブログ,施術の実績

腰椎椎間板ヘルニアの要因と施術のプロセス

腰椎椎間板ヘルニアの治療例



痛み・しびれが続いた為に歩行が困難になり

整形外科を受診された50代女性。


検査の結果、椎間板ヘルニアと診断。

整形外科でマッサージとけん引のリハビリを半年間続けて

たようです。


しかし、

なかなか良くならないと言うことで

いけだ筋整復所に来られました。



出ている症状は


痛みは腰全体と背中の中央部ぐらいまでありました。


また右足の後ろ側から足の裏にかけてしびれも出ていました。


やっと歩行ができるような状態です。




姿勢を見た場合



体が左に傾いていて、右肩が上がり右側にヘルニアがあることがわかりました。



腰椎椎間板ヘルニアになってしまう要因




・左右の腰が引けている

・股関節で上半身と下半身のバランスを保つことが

 出来ていない

・腰椎がバランスを取ろうとして負担がかかった

・骨盤が不具合なので左右の背中の筋肉の

 バランスも崩れてしまった。


右腰・・・ストレス  左腰・・・内臓疲労


右腰が引けていることから何らかのストレス

ではないか?推察する。



施術内容


・左右の股関節の位置を正常にする
・右股関節の内旋が強い
・反対に左股関節は足の外側の筋力低下が起きている



両方の位置を正常に戻すと
上半身が骨盤で支える土台が出来上がった。

後は歪んでいる上半身を整えて完了!!

その場では楽になる。
でも長年、使った動作の癖があるので1週間もしないうちに
少し痛みが戻る。

また、戻った筋肉に対して施術を行い

繰り返し筋肉のケアを行う事で
正常な歩行ができるようになって来ます。

おすすめの記事