東住吉区の整体|肩こり・腰痛・自律神経系の不調はいけだ筋整復所へ
東住吉区の卓球教室|子供から大人まで通う池田ピンポンクラブ

営業時間
平日 9:00~22:00
●完全予約制●
休 業 日
年中無休
06-6797-2761
〒546-0021 大阪府大阪市東住吉区照ヶ丘矢田1-8-8
近鉄南大阪線 矢田駅・徒歩3分
卓球、整体 、トーニング方法

2022/11/16

卓球ブログ

練習での意識

卓球 練習での意識の重要性


何かをしているという意識がなく行なっても経験にはならない。 四季があって初めて経験が成り立つ。 インナーゲームの 第一番はレシピの質を高めること。 例えば右手を頭の上に上げる。 この場合一つ一つの筋肉がどんな動きをするのかを感じているこれが内部感覚 人は言葉を通さに訳せないものである。 構成音 命令するのではなく、 今何を感じ 聞き見ているのかを感じ取ること、正しいスイングという概念を持たない。 例えばフォア打ち目を閉じてラケットヘッドを オープンクローズとして行なってみるその差を自分で感じさせる。



卓球の練習の時 いろんな人にアドバイスを受けすぎると、 脳と筋肉を結ぶ回路がショートしてしまう。


ジョージアしては繰り返し。 同じ動作ができる。 それはその動作がその人にとって自然になるほうきだからである。


インパクトの距離をどのボールでも合わす


ボールの改善の判断が間違っていたのか。 または自分の技術が不十分なのかこれを見極める


早いと強いの違い

  タッチ感覚 強いはコントロールが悪くなる


ボールはネットの上どこの部分を通るかによってついてからのバウンドの頂点が変わる。


イメージは 言葉よりも強い 日本せることは言葉で教えることでも優


頑張ることは美徳か バケットメニューボードを建てようとしたら別に当たる反対にエンジンの薬用としたら目になる ということはどこにも当てようとせず ボールを見た方がちゃんと当たる 頑張りすぎが 狂わせている ラケットに集中してボールの軌道をよく見ることの方が大事である


おすすめの記事