東住吉区の整体|肩こり・腰痛・自律神経系の不調はいけだ筋整復所へ
東住吉区の卓球教室|子供から大人まで通う池田ピンポンクラブ

営業時間
平日 9:00~22:00
●完全予約制●
休 業 日
年中無休
06-6797-2761
〒546-0021 大阪府大阪市東住吉区照ヶ丘矢田1-8-8
近鉄南大阪線 矢田駅・徒歩3分
卓球、整体 、トーニング方法

2022/06/21

いけだ筋整復所ブログ,卓球ブログ

【動画】卓球・バック回り込みの速さは股関節の動き

回り込みからのドライブ:股関節の重要性


試合でバックサイド回り込みからの展開は大きな戦術です。

・バックハンド後に回り込み

・サーブからの3球目攻撃

・レシーブでの回り込み

色々な場面で回り込み動作を行っていると思います。


今回は回り込み時点での注意点をとスムーズに行う方法を考えてみます。


動画



動画の詳細説明

1・股関節の動き

股関節が使えると動作がスムーズになり無駄な動きがなくなってきます。


回り込み完了時点=バックスイング完了

この時に腰が入っていること


※回り込み時のポジションでボールの威力・戻りの速さなど

  次にできることが決まって来ます。

一瞬のポジションですがとても大切です。




2・インパクト後


フィニッシュで右足が流れずに右腰についていくようにしないといけません。


左足を踏み込んでも右足が残った状態だと

身体の軸が崩れています。


インパクトでは右足で床を蹴るのではなく

股関節や内転筋などを使えるようにしましょう。


3・バックスイングで股関節に乗る


股関節が入るために上半身の使い方が大切です。

・肩のラインと右足の位置の関係性

右腰を引くのでなく胸を回す

左足を蹴らない

つま先の向きが変わらないように



4・バックスイングでの状態


・肩からのライン・肘・手首・ラケットの関係性


丹田を中心に身体のつながりを保った筋肉バランスが大切です。

少しでもずれてしまうと

ずれの修正の為に動きが乱れます。


これが「力み」です。



5・インパクトでの力の方向


バック回り込みに限らず

インパクト時の力のベクトルは体の中心から

右斜め45度のあたりです。



6・インパクトは体の前

ここから右腰が前へのベクトルでボールの威力をサポート。





7・フォロースルー


動作の最終地点で筋肉の動きが合った状態を作りましょう。





筋肉・関節の動きから卓球を考えたい方は

池田ピンポンクラブに来てください。


お問い合わせはこちらから

LINE電話番号が表示されます。



おすすめの記事