東住吉区の整体|肩こり・腰痛・自律神経系の不調はいけだ筋整復所へ
東住吉区の卓球教室|子供から大人まで通う池田ピンポンクラブ

営業時間
平日 9:00~22:00
●完全予約制●
休 業 日
年中無休
06-6797-2761
〒546-0021 大阪府大阪市東住吉区照ヶ丘矢田1-8-8
近鉄南大阪線 矢田駅・徒歩3分
卓球、整体 、トーニング方法

2022/06/27

卓球ブログ

【卓球動画】ドライブの重心移動は股関節のポジションで決まる

卓球フォアドライブの重心移動に股関節が関係

フォアドライブで大事な事は
股関節の使い方があります。
今回の動画では股関節の矯正方法を載せています。

股関節が良いポジションにあるかどうかです。


腰よりに意識したいのは股関節ですね




卓球の技術練習と股関節の矯正を行いながら

技術練習を意識することはとても難しいです。


身体の動きとしては何も考えず自然にできるよう

トレーニングして行きます。


動画の途中から

椅子に座って行っているトレーニング


見た目よりかなりきついトレーニングです。

でも効果ありますので頑張ってください。


この時の股関節ですが


足全体が内旋状態になると、

股関節はいい状態で動くことはできません。


腰はぺっぴり腰状態ということです。


骨盤を立てるということは、股関節外旋状態です。

この椅子トレーニングは

股関節の外旋位を強制的にトレーニングできます。



椅子トレーニングのポイント


1・椅子に乗って足を外に大きく広げる

2・筋肉が伸ばられてかなりきついストレッチ状態

3・この状態でしばらく待つ

4・少し筋肉が緩んでくる

  (良い位置に股関節が入ってくるというものです)

5・お腹は前に出すようにする

6・卓球のフォアドライブなどの素振りを行う


上半身が回転してより股関節に関わる筋肉が緩む


以上がこの椅子トレーニングの目的です。


なぜ股関節トレーニングが必要なのか?


少し見方を変えると

一流のスポーツ選手・舞台人・舞踊家などの

人々は立ち姿はかっこいいですね


「体の軸」がまっすぐであるために立ち姿が美しいのです。


この感覚は

「股関節のとらえ方」にあります。


まっすぐ立とうとして脚に力を入れて踏ん張ってみても

まっすぐにならず逆に力んでしまい

バランスを崩します。


股関節に体重が乗って動けるようになると

身体の力みがなくなり

自分の身体が軽く感じられるようになりますよ。


この重心移動に股関節の動きが関わっています。


ドライブ打法では重心移動大切


股関節がよいポジションにあると

身体に力みが無い為

移動がスムーズで予備動作の必要がありません。


どこか身体の調子は悪くなる原因は

スムーズでない動きがあることも関係していますね。


身体のまっすぐ感覚を身体に覚えさせると

どこが崩れてきたのかが判断しやすくなりますよ。


フットワークなどの移動で体の軸を保つことが出来るようになる


卓球競技は前後左右と複雑な動きの連続です。

これを可能にするのが股関節です。

スポーツでは
腰をためてとか
腰を使ってという表現がありますが

腰よりに意識したいのは股関節ですね

筋肉・関節の動きから

卓球を考えたい方は

池田ピンポンクラブへ!


 お問い合わせはこちらから

LINE電話番号が表示されます。

卓球教室の詳しい内容も確認出来ます。